御祭神 由緒 年中行事 命日祭・団体参拝・慰霊祭
諸祈願参拝 出張祭典 参拝案内図
由緒

神社御由緒

 明治天皇の深い思召を以て、明治11年1月27日、初代県令柴原和が発起となり、一身を捧げて国難に殉ぜられた人々の熟を永く顕彰し、そのみたまをお慰め申し上げるため、千葉県庁公園内に千葉縣招魂社として創建せられたのに始まり、爾来社地変更・ご社号改称等
の変遷を経て、昭和42年9月30日亥鼻山から現境内地(千葉市中央区弁天三丁目)にご遷座申し上げ、現在に至っております。
 昭和48年10月天皇(昭和天皇)・皇后(香淳皇后) 両陛下には、国民体育大会開会式ご臨場を機に御親拝遊ばされ、同月全国身体障害者スポーツ大会にご臨場を機に皇太子(上皇)・同妃(上皇后)両殿下が御参拝遊ばされるなど創建以来皇室のご崇敬はもとより、県民遺族の変わらぬ崇敬を戴いております。


昭和18年
亥鼻山に御造営された護國神社

昭和18年6月11日
久邇宮朝融王妃殿下御参拝

昭和19年
出征前の部隊参拝

昭和48年10月13日
天皇・皇后両陛下御親拝 (昭和天皇)

昭和48年10月28日
皇太子・同妃両殿下御参拝 (今上陛下)

平成17年9月
終戦60年記念大鳥居再建竣工祭

 

令和4年2月25日
新境内地・新社殿に遷都

 

Copyright(c)Chibaken-Gokoku Jinjya 2002-2022 Allrights Reserved.